ワッペンの付け方

ワッペンのアイロン接着方法です。必ず読んで頂き、正しい方法でご使用下さい。

ワッペンの生地や接着フィルムが溶けてしまうのを防ぐ為、ワッペンの表裏には直接アイロンを当てず、必ずあて布を使用して下さい。


次の繊維への接着は避けて下さい。

・熱に弱いもの

・防水加工されたもの

・伸び縮みの大きいもの(靴下・ニットなど)

 

取り付けはスチームアイロンのご使用をおすすめします。スチーム機能がない場合は、霧吹き等をご使用ください


 

①取り付けるワッペンの位置を決めてください。

②ワッペンの上にあて布をし、低温~中温(約160度)のアイロンで10~20秒上から体重をかけてプレスして下さい。この時、アイロンは動かさず、しっかりと押さえて下さい。

※ご使用のアイロンにより温度が変わってきますので、生地の様子を見て調整してください。

③同じ様にあて布をし、ワッペンを付けた生地の裏からも10秒ほどアイロンプレスして下さい。

④接着後は完全に冷えるまで動かさず、平らなところに置いてください。

※冷えた後、引っ張ってすぐ剥がれてしまう場合は、温度を上げ長めの時間でプレスして下さい。

※分厚い生地・生地に凹凸のあるもの・接着場所によっては、接着しにくい場合があります。


 

・しっかりと付けたい場合や、ワッペンを取り付ける物の使用頻度・洗濯頻度、ワッペンの形状によ っては、アイロン接着後、糸止めやミシン止めをして頂くことをおすすめします。

・洗濯時はネットに入れて下さい。